日本人どうしたよ

どうしてこんなことになったのか、まだ40年程度しか生きてないが、何かがおかしいのはわかる

コロナで営業できないから、保証をくれというが、保証ってそもそも事業主に保証はないと考えている

その為に従業員の給与を減らして内部留保があるのだろ?

もっと簡単に言えば、事業を始めた時に誰に頼まれたわけでもなく、自分で事業を始めたのに、困ったら他人を頼るって、大の大人がする事ではない。

上手く行ってる時だけ利益は自分のもの、上手くいかなくなったら国に責任取ってくれって、責任の取らせ方や取り方に、筋もへったれもありゃしない。

困った時に国や人を頼るなら、事業やる器がないよって、辞めちまえよって話。

始める時も自己責任、やめる時も自己責任。

仕事できない奴ほど、環境や人など自分以外の外的要因のせいにする印象が強くある。

景気が悪いから、コロナのせい客が来ないというけど、町を見渡せばいくらでも同業でも他業種でも景気の良いところはいくらでもある。

なぜ、自分のところと上手くいっている所の比較を出来ないのだろう。

そこに繁盛の答えはあるのに。

創業2.300年の老舗の和菓子屋がつぶれたというニュースを見た時に、真っ先に思い浮かんだのは、時代に合わせて経営が上手くいっている企業のことだ。

時代に取り残された結果、何百年の歴史に幕を閉じることになってしまったのだろう。

でも、自然界も人間の社会も弱肉強食は当たり前で、弱きものや力なきものは淘汰される。

淘汰される結果自浄作用が起きてまた新しいものが生まれる仕組み。

淘汰されたくなければ、力をつけるしかないはずが、声がでかいだけで力のないものが生きていける日本になったから、矛盾が生まれ日本という国がおかしくなっている。

そしてその矛盾に何の疑問もわかずに、正しいやり方だと思ってまた、頭の悪いやり方を真似する人が増える。

増えた結果頭の悪い人の多い国が出来上がる。

日本の教育が良くないのか、教育に染まって自分で考えることが出来ない人間に育つのが良くないのか、

親が勉強と箸の持ち方程度のしつけしかできないから、またその子供が親になり、程度の低い子供が育つのか。

勉強を全てだと妄信する親のせいで子供の勉強以外の経験値を増やさない親が悪いのか。

この負の連鎖を止めるのはだれにも無理でおそらく日本は消えていくだろう。

前の記事

合気道の合気について