片道3時間かけて静岡の霊能力者にあった話

妹の統合失調症を治した人がいるという話から始まった。

聞けばある時から目が吊り上がって挙動がおかしくなってしまったために、知人のつてで霊能力者に合いに行って解決してもらったという話。

 

しかし、会いに行った先で、その霊能力者の方に私の手には負えないから、師匠のところに行ってくださいと言われて、あるお寺を紹介してもらったそう。

そして県外のお寺に行くと、住職さんに妹さんには狐がついていると言われ、その狐が住職の首にまとわりつき、首の周りがかゆくて仕方がないとしきりに言っていたとのこと。

 

そんな話があるほどの霊能力者という事で、期待を大にして会いに行ったのです。

今書いて気が付いたのは、治したのは会いに行く霊能力者の方ではなく、お師匠様の方でしたね。

 

新幹線で2時間、車で1時間ほどの道のりのため、前日にホテルを予約して一泊2日の旅でした。

朝ホテルまで向かいに来てもらって、車に乗り込み目的に向かいました。

もうすぐ着くとのことで時間を確認すると予定時刻の一時を五分ほど過ぎていました。

遅刻していまい大変失礼だなと思いながら無事に到着してピンクの車の止まっている家とのことでチャイムを鳴らすと一人の女性が出てきました。

見た目は中肉中背、背丈は160センチくらい髪は肩ぐらいまでのストレートの普段着の女性でした。

意外に普通の人だなという印象で、遅刻してすみません!一時から予約していたものですというと、

あ、それ隣の大きな家のところの人です~って言われて、マジか!!違うんかい!!!そりゃ普通の印象だろ!と思わず心の中で突っ込みました。

時刻が過ぎていたので、失礼しましたと言いながら、急いで隣の隣の家まで向かうと、表札もないし、あそこ!と教えられたわけでもないので、ここでも迷ってしまいました。

車で連れてきていただいた方に電話をして、家が違った事を伝えると、その方もあれ!?違ったっけ?ってことになり、霊能力者の方に連絡をしていただくと、最初に間違えた家から向かった先、目の前の家がそうでした。

急いでチャイムを鳴らしてうかがうと、一畳ほどの玄関があり靴を抜いで上がると、八畳ほどの部屋の奥、座敷机の向こうに一人の女性が座っていました。

印象は先ほど間違えた女性とは全く違い、確かに目の前に座っているのに、いないようなというか、存在感が非常に薄い方でした。

自分が緊張しているせいか、ちょっと不思議な感じを受けながらも、お座りくださいと言われて座ると、霊能者の方から今日はどうされましたか?と聞かれました。

紹介してくれた方から、事前に向こうからは何も言われないから、聞きたいことを箇条書きにしておいて、それを元に質問した方が良いと助言をされいたのでメモに沿って気になることを聞いていきました。

銀座に店をだすつもりだけど、どうですかね?と聞くと、上手くいくと思いますよ!っとあっけらかんと言われて拍子抜けしました。

もっとこうなんというか、言葉数も多く、○○に気をつけなさいとかスピリチュアル的な事を、色々言われると思っていたのと違って、実際はさっぱりしていたので、戸惑いながら、そ、そっか、、、まぁ、うまくいくならいっかぁ、、、と思いながら、次の質問をしました。

仕事を一緒にやってくれている方の状況が色々変わるので、今後どうしたらよいのかというと、大切にしてくださいと言われ、、もう一人の仕事を手伝ってくれてる人についても、同じ様に言われただけでした。

え?もっとこうなんかいってくれるんじゃないの?!と驚きながらも質問を続けていきました。

気功の上達する方法について聞くと、そのままで良いですよ、と言われただけ。

そんな感じで淡々とつかみどころのないような会話が続くと、もういいですか?そろそろ時間ですと言われて、時計を見ると13:24分。

事前に聞いていた情報は30分五千円、話したりなければ延長してもらって色々聞いてみたらよいとのことでした。

で、延長したいと申し出ると食い気味で、次の方来ますので~と言われて、え!?www 俺、今日これで終わり⁉っと思わず頭の中で思いました。

前日からホテルに泊まり3時間かけてやってきた結果、15分ちょいで終わったのです。

お勘定を聞くと、3000円ですとのこと、5000円じゃないじゃんwwwと値段も違って、家やら値段やら時間やら、ちょいちょい違うじゃんwwwと焦りつつ面白がりながら、お礼をして家を出ました。

色々笑えるネタが出来たと思って、車で送ってくれた方を探してあたりを見渡すといない。

え?どゆこと?と思って電話をすると、え?もう終わったんですか?w 私買い物行こうと思って買い物行ってるので、二分くらいで戻りますとのこと。

マジかい!!!おいてかれてるやん!wと真夏の炎天下屋根のない外で熱いけど、まぁいっか、と思っていると、二分ではやっぱり来ませんね。

でも5分ちょいくらいで来てくれたので、ほっとして車に乗り込むと、ちょいちょい話と違ったところや滞在時間の短さなどネタにして笑いながら帰路につきました。

結局、聞きたいことはまだあったのですが時間が足りず聞けずじまいだったので、またリベンジしたいと思います。

本物かどうかは、10月からオープンする銀座の店が本当にうまくいくのか、同課で答えが見えると思います。

もちろん油断せずに力を入れて開業したのち経営もしますが。

他にも霊能力者の方に会える話がいくつかあるので、また話のネタが出来れば書いていきます。